二世帯住宅のメリットとデメリットを紹介します

今では二世帯住宅の家庭も増えてきました。二世帯住宅をすることによって親と同じ敷地内、家の中ではあるけれど、家庭としては別なので安心感を感じることもあるかもしれません。今回はその二世帯住宅に関してのメリットとデメリットを紹介します。

二世帯住宅のメリットとは

二世帯住宅を行う点でのメリットの1つは日常生活で協力し合うことができるところです。何か用事やサポートが必要になったときに、直ぐに助けを得られます。最近では共働きをされている家庭も多いので、育児や家事などの家のことを両立させる場合、忙しくて難しいときもあるはずです。そんなときに二世帯住宅であれば、親に協力を頼んで、家事や育児を少し任せることができます。親ならば、信頼することもできますし、二世帯住宅ならば、突発的にやって欲しいことも直ぐにしてもらうことができます。

また、経済面や気持ち的にも助けを得ることができます。二世帯住宅ならば、建築費用が削減できます。また、親のところで食事をしたり、少しくつろぐことで、費用の削減や気持ち的に楽をさせてもらうことができます。

親の方も子供や孫と一緒に過ごす時間ができて、寂しさを味わうこともなく、一緒にいるということで安心感を与えることができます。何か急な病気や怪我で家族の誰かが倒れたとしても、すぐに対応することができるので、二世帯住宅ならば、急な事態が生じたときも直ぐに対応することができます。

二世帯住宅のメリットとしては、お互いに直ぐに助けやサポートを得られることと、家族の誰かが大きな病気などの急な事態が生じたときも、直ぐに対応することができるところです。

二世帯住宅のデメリット

二世帯住宅はメリットだけではなく、デメリットも存在します。

まずは、二世帯住宅にすることによって、お互いの時間や生活リズムが狂ってしまってストレスを抱えることです。二世帯住宅とは言え家庭のリズムは違いが生じてくるので、どちらかが一方の家庭に干渉してしまうとストレスを感じます。親が家事をしてくれることもありますが、それが度を過ぎて、頼んでもいないことまでしてもらうとストレスとなってしまい、ケンカや不和につながってしまうことがあります。

また、親が息子夫婦の生活に口を出してしまうこともあります。二世帯住宅になれば、親と息子夫婦の距離が近いため、お互いのことを良く知ることができますが、その分親の方が夫婦生活においていろんな口出しをすることがあります。良かれと思って言っていることもあるかもしれませんが、あまりに多くのことを口出しすれば、ストレスを生じさせることになります。

二世帯住宅にすることにより、親の援助に気をとられ過ぎてしまうこともあります。何かをやってくれといろんな用事を押し付けられて、夫婦生活だけでも忙しいのに、余計忙しくなって疲れ切ってしまうことになることがあります。

二世帯住宅はしっかりお互いが干渉し合わずに、ある程度の距離感を保つことが大事になってきます。そのため、二世帯住宅にする前に双方で話し合う必要があると思います。