二世帯住宅で暮らしてみてのメリット、そして注意すべき点は?

二世帯住宅と言っても、実の両親との二世帯、義理の両親との二世帯で思いも変わってくると思います。私は夫の両親と二世帯住宅で暮らし始め3年となります。最初はやはりマイナスイメージを持っていました。しかし、暮らしてみると意外にもたくさんのメリットが…。そこで、二世帯住宅のメリット、そして注意すべきポイントについて紹介したいと思います。

こんなにたくさんある二世帯住宅の良い所

まず、わが家がなぜ二世帯住宅にしたのかという事を始めにお話しします。それは、単純に義父母が住んでいる家があり、建て替えをするからどうせなら二世帯住宅にしてしまおうと言う流れからでした。私自身、のちのちマイホームが欲しいとは思っていました。しかし、マイホームとなるとかなりお金がかかります。しかし、わが家の二世帯住宅の場合、土地は既にあります。これは各家庭によっても違いますが、更に、家を建てる為のお金を折半すると言う形で話が決まったのです。これは、かなりの高条件です。そして、この条件は義両親にとっても私たち夫婦にとってもお互いにメリットとなりました。

そして、もう1つ、私が感じているメリットです。それは防犯上のメリットです。二世帯みんなで出かけてしまう事もありますが、多くの場合、どちらかは在宅しています。また、夫が外出していて1人で家にいたとしても、階下に義両親がいると思うとそれは安心材料となります。これは、子供が生まれた時にも言える事です。二世帯住宅の場合、1人でいる時間は他の家庭に比べて、かなり少なくする事が出来るのです。

これ以外にも、時々、食事のお世話になったり、食材をわけてもらったりと他にもメリットはたくさん感じています。ただ、少なからずデメリットもあります。しかし、思いのほかメリットの方が多いと感じているのが今のところの感想です。

二世帯住宅をする時の注意点は?

では、二世帯住宅を快適に過ごす為に注意すべきポイントについて、私の経験からお伝えしようと思います。それは、お互いに一定の距離は保つ事です。

まず、互いに頼り過ぎないように注意する必要があります。頼れると言う事はメリットの1つでもあります。しかし、頼り過ぎる事で片方がストレスに感じてしまう事もあります。特に食事や育児などは、ついつい頼りがちになってしまう事が多いかも知れません。しかし、時々なら嬉しい事も、しょっちゅうとなると負担に感じてしまう場合もあります。仲が良好であれば、どんどん距離も近づき一緒に過ごす時間も増えてきます。しかし、そうすると嫌でもお互いの悪い所が目についてしまう事が多くなります。このあたりの加減はとても難しいところなのですが…。

そして、もう1つ。これは家の設計前に注意すべき事です。二世帯住宅の形態は様々ですが、絶対に玄関やキッチン、バスルームは別をおすすめします。コスト的には一緒にした方がお得です。しかし、一緒にしてしまうと、やはり生活時間が違うのでストレスが発生してしまいます。子供が生まれ、成長した場合は尚更です。それらは毎日の事で一生なので少しお金がかかったとしても、別にした方が将来的に後悔がないと言えます。

私が暮らし始めてから感じた事はこれくらいだと思います。ただ、その家ごとにケースは違ってくると思います。そこで、周りに二世帯住宅の知人がいれば、多くの意見を聞いてみるといいかもしれません。実際に経験した事を聞くのが一番の参考になるはずです。